自前テントでキャンプ

      2016/09/22

tent

去年に引き続き、小学校の代休を利用して1泊キャンプにいってきました。
今年のキャンプの目玉はなんといっても自前テント!このためにスノーピークのアメニティドームを新調したんだから。
前日までの嵐がうそのように、キャンプ中の1・5時間は恵みのカンカン照り。みんなで協力してテントをたて、なかでゴロゴロ~と楽しみました。ちょうどピヨママの誕生日だったのですが、家族みんなにお祝いしてもらってとてもハッピーです(^^)

去年のキャンプの記事:キャンプでの時間の使い方
自前テントに挑戦した理由:子連れ家族のもしも対策(5)子供を鍛えよう

 

 今回の夕食はBBQ

前回は子どもと遊ぶ時間を優先し、短時間でできる料理にしましたが、今回は火を囲んでゆっくり話をしようと敢えてBBQにしました。スペアリブやコーンにかぶりつきながらアホな事言いあって笑ったり、学校の話したり。最後の焼きおにぎりに到達したのは食べ始めてから2時間が経っていました。火を囲むって本当いいですね。

 

 子供も働くよ

テント設営自体は親がしましたが、テントの中にシュラフ運んだり、ローチェアを並べたり、テーブルをセットしたり、保護者の監視下でBBQの炭火を管理したり。たまに飽きてボールをもって広場へ行っちゃいましたが、家族の一員としてお手伝いをいっぱいしてもらいました。いいぞ、いいぞ。不便に慣れてサバイバル力あげてもらわなきゃ。

 

 テント、超快適

気候が良かったため、寒すぎず、暑すぎず、快適に眠ることができました。テントがLサイズだったのも快適さの理由です。オートキャンプ場という整地された環境では、テント内にクッション性のあるシートを引くだけで十分、コットやスリーピング買わなくて正解でした。いや、あまり快適すぎると子どもを鍛える機会にならないので、むしろゴツゴツ、眠りにくいくらいがいいんだけど。次回はそういうキャンプ場探してみるかな。

 

 キャンプにかかったお金

自前キャンプに向けて買った用品類は別にして、このキャンプでかかったお金を集計してみました。(このために買い足したテントなどのキャンプ用品代は除く)

項目 単価 数量 小計
オートキャンプサイト 5,000 1 5,000
有料道路 360 2 720
1日目昼ごはん(おにぎらず持参) 440 1 440
1日目現地調達のお団子類 750 1 750
夜ごはん・ビール・飲み物 4,500 1 4,500
朝ごはん・マフィンとチーズトースト 700 1 700
温泉&プール券大人 900 1 900
温泉&プール券子供 450 2 900
温泉券大人 640 1 640
合計 14,550

常設テントサイトは テントの利用料あわせて1700円だったのに、オートキャンプ場は1サイト5000円(涙)いや、値段じゃない。家族で協働してテントをたてた体験はプライスレス(のはず)。そして、常設テントサイトのないキャンプ場では、キャビンを借りるよりオートキャンプのほうが安いし、ホテルにとまる旅をキャンプ型に変えていくことで、どんどんテントは役に立つはず!これからはキャンプの予算を5000円ほどアップさせて予算取りしようとおもいます。また実際にキャンプしてみて「あ、これ要るかも」と思ったもの、「要らないかも」と思ったもの色々ありますのでキャンプ用品もあらためて調整したいともいます。(ご興味あればきいてください)。夏の炎天下は(親の体力が)厳しいので、次のキャンプは秋、運動会の代休かな!?

 

 












 -
レジャー・旅行, 子育て