ハイキング再開! 芦屋ロックガーデン~風吹岩~岡本

      2016/10/03

運動会が予定されていた土曜日に終り、ほっとしているピヨママです。

次の月曜日は運動会の代休。貴重な日~月の連休です。例年通りキャンプ場の予約してたのですが、運動会が日曜日に順延される可能性が高かったのと、月曜日は雨の天気予報だったので、キャンプ場の予約は直前にキャンセルしました。そうすると、困るのがこの連休の過ごし方。日曜日晴れ=外遊び・月曜日雨=インドア遊び で何か考えねば!!

 

 日曜日はハイキングに決定

ピヨママの骨折も完治したし、モンベルの靴も買ったし、晴れそうだし、ハイキングでも行く? と決めたルートはこちら。「芦屋~ロックガーデン~風吹岩~保久良神社~岡本」です。距離が短い+電車でのアクセスが便利+見晴らしもよし+岩場もあって子供にうけるという人気ルート。子連れハイキングの本でも紹介されている初心者向けですよ。

 

 長男はお留守番

家族4人でいくつもりでしたが、長男が朝からご機嫌ななめ。朝にすると約束した宿題もしないままグダグダ。「行くなら気持ちを切り替えて気持ちよく行くこと。気持ちを切り替えないのならお留守番で」という助け舟出しても、彼は留守番を選びました。今まで揃わないならお出かけ自体をキャンセルしていたので、今度もそうしてくれると思ったかもしれません。ですが、そろそろ自分のワガママに人があわせてくれないこともある、という経験はしておかないといけないとおもって、心を鬼にしました。途中「おか~さ~ん」と電話がかかってきたりと、初めて置いてけぼりをくらった驚きと心細さでいっぱいなんだろうなって、母のほうが泣きそうでした。(夜にもう一度話をしたときには涙ぐんでました。わかってくれたようなのだけど)

 

 ロックガーデンは超人気

人気のルートなだけあってものすごい人です。渋滞です。鎖でのぼっていく岩場もあり(迂回路あり)、男の子の挑戦心を掻き立てます。次男はわざわざ崖になっているルートや鎖場を選んで楽しんでました。途中、見晴らしのいいところもあるし、落ちた栗やどんぐりを集めて遊んんだりできるし、道も細すぎず、登山者が余裕ですれ違えるし、子連れには本当におすすめのコースですね。

rockgarden
(左:ロックガーデンの崖よじ登り中 右:ロックガーデン上から市内をのぞむ)

注意事項としては、近頃イノシシがよくお弁当やリュックサックを襲うようです。餌付け禁止でも、人間の食べ物の味をおぼえてしまったのでしょうね。登山道の脇にはイノシシが掘り返した跡がいっぱいです。今日も、先に歩いていたグループがイノシシに遭遇したといっていたので、子供にもイノシシに出会ったときの対処法を教えておいたほうがいいですね。

 

 行きはピヨパパが、帰りは次男がダウン

ルートは初心者向きなのですが、参ったのはこの暑さ。無風&蒸し暑くて不快指数が高い。登山道に入ってすぐ(!)暑さに弱いピヨパパがダウン。本格的にダウンするまえに戻ることも提案したんですが、(私に遠慮して)トボトボすすんでくれました。帰りは、山から下りて住宅街に出る寸前で次男の眠気と疲れがピークに。そこまで足をマッサージしたり、クリ拾いしたり、ヒッツキ虫投げあったりと誤魔化しながら降りてきたのですがそれも利きそうにないくらい。仕方ないので、すこーしオンブしてやりました。ピヨパパは戦力外なので、もちろんピヨママが。30キロ超える次男をおぶっての坂道は相当にこたえました(涙)

 

 今回のイベントの費用まとめ

ジュース代300円のみ(自宅~阪急芦屋川までの交通費含まず)
コースの途中にはカフェもなく、自動販売機もなく、ただひたすら歩くのみ。帰りの市街地で見つけた自動販売機は1本100円の販売機。父母はウィルキンソンの炭酸、子供はぶどうジュースを1本買うだけでした。疲れて早く帰りたい、ってこともあり寄り道もせず、です。なんと安上がりな~~~。

 

 次回のための記録

最後に、久しぶりのハイキングで、色々な学びがありました。次回のために記録しておこうとおもいます。

  • お茶はたっぷり!これで十分と思ったうえにあとペットボトル数本足すこと。
  • レスキュー用のお菓子にチョコは厳禁。溶けて大変なことになりました。
  • レスキュー用のお菓子に塩味も必要。汗をかきすぎた後は塩分補給が必要です。
  • 子供の服の素材厳選 速乾性Tシャツを選んで着せたのですが、汗で濡れると肌にへばりついて嫌そう。綿Tを着て、汗で濡れたら着替えるほうがいいのかな。
  • ピヨママ、かならず貧血の薬飲んでいくこと 今日は貧血もなく元気でした
  • いい靴は必須。特に下り道では威力を発揮!足首のぐらつき防止&紐の結び方で前すべり防止(足の指を保護)。この2つで下りの負担が格段に違うことを実感。モンベルの靴、本当に買ってよかったです。
  • 長い髪がじゃま ピヨママの髪は腰くらいまであります。ひとつに束ねてもじゃま。帽子も上にずりあがるし、リュックにはさまるし、汗で肌にはりつくし、本当にジャマ!ハイキングのためだけに切ろうかと思うくらいです。
  • 子供が1人と2人の違い 子供1人だけって楽! ペース配分、歩く順番、遊びたい所での時間の使い方などなど、2人の子供を連れている時にどう対応するのがいいのか、改めて考える機会になりました。

もともと山登りに前向きではないピヨパパと長男が次回一緒に登るのかわかりません。高い靴買ったんだから来いよ、って思うけど、無理強いして不機嫌な人をアヤシながら歩くとこっちまで疲れるので、まぁ、そのときに行きたい人&行ける体力のある人だけで行けるようなゆるーいハイキングを目指したいと思います。さ、明日は何するかな~~~。

 












 -
レジャー・旅行, 日々のつぶやき