子供と先生の相性は大事!(前篇)

      2016/02/27

30cc856454da172df973a1172aa77a7d_s

習い事の上達は、何をおいても「先生との相性と技量」によるいう話
投資・お金に関係のない話です。ご興味のある方だけどうぞ。

長男、もうすぐ5年生。1年生の4月からそろばんに通ってます。徒歩で通えるそろばん塾に入り、週に1度、年末年始やお盆は休みとして、全部で190回くらい通ったのかな?そして今、暗算4級・そろばん5級です。当初の約束「3級でやめていい」に両方ともあと少しで達成です。

暗黒の3年半

しかし、彼のソロバン通塾歴は暗黒の歴史。実は4年生の夏休み段階で暗算・そろばんとも8級。3年半で2級しかあがってなかった!
それもこれも先生との相性が原因です。まじめーなおばあちゃん先生、まじめーな子が大好き。まじめーじゃなかった彼と友人は1年目で先生に見放され、放置。なかなか次を教えてくれない→やることない→ボーっと消しゴムカス丸めてる。帰宅後「みて!こんなでっかいのできた!」と、いうのが毎週くりかえされていました。
そして先生からは月1くらいで電話があって「興味なさそうなんで、やめはったらどうです?」と。騒いで迷惑をかけているわけではないので「行かせます。本人も行きたいと言っています」と母もかなり意地になっておりました。

長男の鈍感力は最強

一方で 長男には塾の変更を打診しました。授業中ボーッとする子が少なからずいるのは「子供を引き付ける、先生の工夫と技量が足りない」と心から思っているから。ましては「やめたら?」なんて子供への愛情すら感じない。でも長男は「ええねん、別に~」と通い続けます。
親の思い、わかってないねぇ。
嫌われてるのも気付いてないねぇ。
いろんな意味で鈍感な長男。ま、グズグズするよりいいんだけど。
そんなこんなでそろばんに月謝3800円を3年半捨て続けたある日、、、状況が一変します。
(次回に続く)












 -
子育て