フルーツ三昧の季節到来!

   

食後に果物が食べられる=生活に余裕がある、というバロメーターにしているピヨママです。そして近年そのバロメーターはふるさと納税のせい(おかげ)で狂っています。だって自腹で買わなくていいんだもん~。そして初冬から春にかけて我が家には頂き物の果物が溢れます。その第1弾~3弾が届きました。幸せ~~~

 

 りんごその1 秋映

長野県箕輪町から頂きました。「秋映」という品種のリンゴです。名前もしらなかったのですが、妹から「おねーちゃん、毒リンゴみたいな色の秋映っていうリンゴ知ってる?たまたまスーパーで買ってみたらすごくおいしかってん!」と聞いて、スーパーで探してみたら結構なお値段! 「なら、ふるさと納税でさがしてみようか」とぐぐって寄付受付締切の前日に滑り込みました。 (寄付額12000円)

届いたリンゴの色は赤黒くて、つやつやしてて、まさしく白雪姫の毒リンゴ・・・。硬めのカリっという食感も、濃厚な味も好みです。来年からはこの品種でふるさと納税さがしてみます。

Twitter仲間のヒロさんも大好きなんだそうです。

 

 りんごその2 サンふじ

これは毎年いただいているやつ。天童市から。寄付額15000円で10kg この写真と同じ数のリンゴがもう1段下にあります。食べても食べてもなくならないので、毎朝・毎晩食べる感じ。長男が煮リンゴきらいじゃなかったらたくさんお菓子も作るのになぁ。

(秋映との色が全然違う)

リンゴの消費が進むよう、こんなものを使ってみました。実家の大掃除で見つけた皮むき器。母がリンゴジャムを作る時に使っていたんだと思う。歪つすぎると剥き残りがでちゃいますが概ね薄くきれいに剥けます。洗うのも簡単です。(でもわざわざ買いはしなかっただろうなぁ)

 

 

 

 ラ・フランス

今年はピヨパパにチョイスをお願いしたところ、山形県酒田市からの返礼品になってました。「六代多右エ門  ラ・フランス《山形セレクション》」だそうです。寄付額12000円。六代が六代目ってことなのか、多右エ門さんの苗字なのかわかりません。農園の名前は佐藤農園だし。よくわかりません。ですが、ラ・フランスはものすごーく甘くてとても美味しいです。さすが糖度14以上を選んだセットだけあります。個数はあまりなかったのですぐに食べ終わりそうです。mgmg。

12月は柑橘類が届く予定。1月はいちご、そして2月以降はまた別の柑橘です。ふわぁぁぁぁ、幸せ~~~。














 -
ふるさと納税