自社株対策5 出入庫用の書類準備

      2016/02/12

okoru(怒ってます)

持株会で買った自社株をまず半分売る!を目指す当シリーズ。第5回は、出入庫用の書類準備、です。

過去の関連記事はこちら
自社株対策1 リスク認識編
自社株対策2 自社株の引き出し方
自社株対策3 改善要望出してみた
自社株対策4 入庫用の口座開設

書類の提出は済んだけど

先月、持株会事務局に出した口座開設書類は、月末、他の人からの書類とあわせて大和証券へ。今は、これら書類が処理されているはず。順調にいくと7月初旬に株が引き出されるので移管の手続きにとりかかっています。

が、ここで、大きな事件が!6月1日より、日本証券業協会の制度改革で外国株式入出庫手続きが変更されてしまった!

変更点

従来) 書類は入庫側に出す
新規) 書類は出庫側に出す
、、、、私が事前に取寄せたこの書類、マネックス(入庫側)のんやん!!!

マネックスの案内、不親切~~

私がマネックスに電話したのは5月下旬。「7月に持株を大和から移管させたい。時間短縮のために事前に書類ちょーだい!」と説明したのに、ルール変更事、一切言わなかった(怒)

すぐに大和証券に電話して事情を話し、大和からの書類の発送タイミング、すぐに返送すれば7月中に移管完了できること、などなど、色々大事な点、確認ができました。これ8月だったらお盆休みで無理だったとか。ホント、色々ありますね。でも、気づいて良かった。

実は気付いたのは、じゅん@さんのおかげ!諸先輩方のWEBを徘徊して目にとまりました。
投信で手堅くlay-up!:海外ETF(外国証券)の移管ルールが変わります
じゅん@さん、ありがとうございました!












 -
個別株, 勉強・周辺情報